FC2ブログ

TAYUCOCO - たゆまぬ繋がり今ココに ‐

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月11日「小さき声のカノン」大阪上映&鎌仲監督講演&TAYUCOCO出店

4月11日は土曜勤務スタッフは「小さき声のカノン」上映会に参加するため臨時休業となります。ぜひ会場でお会いしましょう。お店で前売りチケットも販売しております♪ また、物販コーナーではtayucoco一部商品を販売しております。

・・・上映情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

canontop-1024x459[1]

‣日時
2015年4月11日(土)
①午前の部 上映 10:30~12:30 講演 12:30~13:00
②午後の部 上映 14:00~16:00 講演 16:00~16:30
※各回 30分前受付 15分前開場

‣場所
とよなか男女共同参画推進センターすてっぷホール
大阪府豊中市玉井町1-1-1-501
(阪急豊中駅下車 エトレ豊中5F)

‣参加費
前売 1,500円
当日 一般1,700円/専門・大学生1,500円/中学・高校生、シニア(60歳以上)1,100円
※一時保育あり 1歳~小学3年、1人につき540円 1週間前までに申し込み

‣お申し込み・問い合わせ先
メール movie@kamanaka.com
TEL 03-3341-2870

福島、そしてチェルノブイリ後のベラルーシ。
国境を越え、母たちは、 “希望”を選択し、自分たちの足で立ち上がった


福島原発事故後、事故による影響は安全である・危険であるといった議論はあるが、その影響を受けた場所で、懸命に生きようとしている人々がいる。そんな人々の本当の声は聞こえているのだろうか。 チェルノブイリ原発事故は、福島の事故よりも25年も前の事だが、今なおその影響が続いていることは、実は知られていない。かつてチェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシでは、子どもたちに何が起きているのか。お母さんたちは、どうやって子どもを守ろうとしたのか? 日本のお母さんたちと同様、不安を抱いたお母さんたちが大きな声に流されることなく、自分たちの直感にしたがって子どもたちを守る道を探し続けている。 事故の衝撃に立ちすくみ、ただ困惑している時期は過ぎた。 希望を具体的につくり出す新しいステージに今、私たちは立っている。 迷いながらも日本のお母さんたちが自分たちの意志で動き始めた。そんなお母さんたちの小さな声が、国境を越えて響き始める。

=監督メッセージ=
希望はここにある
今、私たちは謙虚に命に向き合わなければならない時代に生きています。誰もが小さな存在だけれども、小さくあることこそを大切にしたいという思いでこの映画を作りました。映画が、一人でも多くの悩みや揺らぎの中に生きるお母さんたちに届きますように。 ―監督 鎌仲ひとみ

‣主催
「小さき声のカノン」上映実行委員会、脱原発で生きたい女たち・豊中、放射能から豊中の市民・子どもを守る会 ほか
‣協賛
とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ


・・・物販情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鎌仲監督作品&書籍等はもちろんのこと、「六ヶ所村ラプソディー」「ミツバチの羽音と地球の回転」に出演されている生産者さんの商品も販売いたします。これで上映会に来る楽しみが増えましたね♪

6らぷ

●苫米地ヤス子
玄米(天手子米)
無農薬、無化学肥料の美味しいお米です


●菊川慶子(花とハーブの里)
ルバーブジャム
ルバーブとてんさい糖だけで作りました。甘酸っぱい♪

●哘せいえつ(みちのく農産)
トマトジュース
ジュースというより、トマトをすった感じで旨い!

●山戸孝(祝島市場)
釜炊き天日干しひじき、びわ茶
ハートの形の祝島。味も愛情たっぷり。

●YAM(PEACE LAND)
六ヶ所村ラプソディー オリジナル手拭い、バッヂ、ステッカー、反核Tシャツ他
オリジナルグッヅは菊川さんのチューリップ畑をイメージ。

販売協力: Tayucoco

*宮崎の無農薬梅肉エキス、岡山のレモンソルト、金沢の麦茶などのオーガニックな商品も販売予定です。


スポンサーサイト

11月9日「TAYUCOCO」出店情報

今週の日曜日は2カ所で出店します!!
また今週土曜は武藤北斗がお店ばんをしていますので遊びに来てください♪

北千里駅前チャリティーフェスタ
 11:00-16:00
 阪急 北千里駅 dios北千里 「出逢いの広場」
(田村書店前の周辺)

食の安全フェスタ
 11:00-15:00
 阪急富田駅とJR摂津富田駅の間

カテゴリ

プロフィール

武藤北斗

Author:武藤北斗
▶店名の由来
「自分の子ども達に食べてもらいたい食品を販売したい」その子ども達の頭文字です。
そして沢山の繋がりからこだわりの商品を揃えます。「たゆまぬ繋がり今ココに」

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。